めじろぐ2008

カテゴリ:音楽を愉しむ( 4 )

フランス中世音楽の日

6月7日は、フランス中世音楽の日。

昼は雑司が谷音楽堂でジョングルール・ボン・ミュジシャンによる「オーカッサンとニコレット」。夜は聖母病院の聖堂で西山まりえプロデュースによる「トリスタンとイズー」の公演がありました。どちらも、チケットは完売状態。演奏は対照的なスタイルのものでした。

ジョングルールの方は、日本語による語りと歌。さまざまな楽器を駆使し、にぎやかに聴かせます。ライブ・ハウスや屋外パフォーマンスに慣れた人たちだけあって、お客さんから手拍子が出たりして、楽しんでくれた様子でした。

印象的だったのは、早めに来場されてチケットはないかと聞いてきたご年配の男性のこと。完売だったので、そのように説明していたのですが、たまたま並んでいた方から、来られなくなった友人の分の余った券を譲ってもらいって入場できることになったのです。その方は2006年に復刊した岩波文庫の川本茂雄訳「オーカッサンとニコレット」(昭和27年初版!)を読んで以来、この物語に関心を持っていたとのこと。終演後も大変感激されて、お礼を言われて、こちらも思わずうれしくなりました。

17時過ぎに雑司が谷音楽堂を出て出演者を見送り、聖母病院へ移動すると、すでに開場の時間。何人かのお客さんは引き続きこの公演も聴いてくれています。

西山まりえさんは、以前にもCD「トリスタンの嘆き」発売記念ツァーで、同じような曲目構成のコンサートを行ったのですが、今回は、かなり多くの曲を歌いました。しかも地声発声で歌う曲と頭声発声の曲を織り交ぜながら。終演後に、よくあれだけ歌い分けができますね、と感想を述べたところ「あんまりよく覚えてないんだ、夢中で」と、あっけらかんと言われるのです。さすが、天才肌のお方。西山プロデュースではあるが、アントネッロのメンバーによる演奏は、いつものように凝縮された力強い演奏。聴くものの心を掴んで離しません。CDが多く売れていたので、初めて彼らの演奏を聴かれた方も多かったのでしょう。

今回の演奏会を最後に、来月から聖母病院の聖堂は取り壊され、2年ほどは音楽祭の会場として使えなくなります。これまでのご協力に感謝してシスター達とスタッフ一同、最後に記念撮影をして、この建物とお別れしました。

(実行委員・もとっち)
[PR]
by Mejirog08 | 2008-06-08 03:20 | 音楽を愉しむ

高橋未希 ヴァイオリン一本勝負 プログラム詳細

b0136682_1631493.jpg


バッサーノ:リチェルカーテ・クワルタ 二調
Giovanni Bassano: Ricercate quarta a-moll (3’30)

ファン・エイク:戦争
Van Eyck : “Batali” from “Der Fluyten Lusthof” C-dur(3’50)

J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番ト短調 BWV1001
J.S.Bach: Violin Sonata No.1 g-moll (17’)
Adagio Fuga Siciliana Presto

バルツァー: 「ジョン,来て,キスして」によるディヴィジョン ト長調
Senior Balshar : A Division on “John come kiss” G-dur (4’40)

イリヤ・ゼリェンカ:無伴奏ヴァイオリンのためのバガテル
IL Ja Zeljenka: Bagattelli per violino solo(2001) (5’20)
Andante Largo Energio 

バルサザール:無伴奏ヴァイオリンのためのアリア
Thomas Baltazar: Aris for solo violin g-moll (11’)
Preludium Allemande Sarabande Allemande Courente Sarabande

テレマン:無伴奏ファンタジー
G.P. Telemann: Fantasie per il Violino senza Basso Es-dur (8’)
Dolce Allegro Largo Presto
[PR]
by mejirog08 | 2008-04-25 16:31 | 音楽を愉しむ

響きの万華鏡~と渡邊孝からのメッセージとプログラム

響きの万華鏡~ヘクサコード・ファンタジア

「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ」といったら、たいてい誰でも何を意味しているのか予想ができるでしょう。しかし、『このヘクサコードがさぁ・・』、などと話題を振られたら、どうでしょう?

しかし、今の21世紀においては、このふたつはほとんど同じ事を指しているといっても差し支えないでしょう。中世・ルネサンスの音楽におけるは重要な要素のひとつであった、ヘクサコードとは6つの音が音階の中で、全音・全音・半音・全音・全音という、真ん中に半音を挟む形で並んでいる音階の事を指します。それがつまり、現在われわれが知っているド、レ、ミ、ファ、ソ、ラに当てはまるわけです(Ut, re, mi, fa, sol, laと呼ばれました)。

自然な音階の中ではこのヘクサコードを3種類作ることができます。そしてそれらの組み合わせによってその音名をあらわしました。それがいわゆる、ソルミゼーションと呼ばれる階唱法です。しかし、当時の人々にとっては、音階、もしくは旋律の中のある一音が、「ド」なのか、あるいは「ソ」と階唱するのかということは大きな問題のひとつでした。そして、そこにはわれわれが知っている最後の「ド」を導くための「シ」が存在しませんでした。半音はすべて「ミ」と「ファ」として考えられました。シャープ記号の音を「ミ」と読み、フラット記号を「ファ」と読むということ、こうしたことが、どのヘクサコードがどの列に属しているのかを判別するためのひとつの鍵となりました。

さて、このヘクサコードはこうした理論と実践だけにとどまらずに、ひとつの旋律のかたまり、つまりひとつの主題として、16・7世紀の作曲家たちの霊感を呼び起こすものともなっていきました。今回は、そうして残されたものの中から特に傑作と呼べるものを4曲選んでみました。それらはいわば、バッハの『フーガの技法』のような側面を持っていることを指摘できるでしょう。つまりそれは、同じ主題によって展開され、無限の可能性を吟味している・・・それが異なる作曲家によるものなのです。

全体が、こうした複雑な対位法の曲ばかりになってしまわぬよう注意を払いながらも、ソルミゼーションを基にした曲、同時代の変奏曲や舞曲などを織り込み、めくるめくヘクサコードの世界にどっぷりとつかっていただければ幸いです。 (渡邊孝)

b0136682_15464753.jpg













Hexachord Fantasia...

フローベルガー
Johann Jacob Froberger (1616- 1667)
ファンタジア「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラによる」
Fantasia sopra Ut re mi fa sol la. libro secondo 1649

バード
William Byrd(c. 1540- 1623)
コラント(クーラント)
Coranto (MB. 45)

Anon.
Alemande Brun Smeedelyn 
Susanne van Soldt manuscript [1599],
London, British Musicum, Add. 29485

バード
William Byrd
ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ
Ut re mi fa sol la (MB. 64)

フレスコバルディ
Girolamo Frescobaldi (1583- 1643)
カプリッチョ2番「ラ・ソ・ファ・ミ・レ・ドによる」
Capriccio II sopra “La sol fa mi re ut”
Il primo libro di Capricci fatti sopra diversi soggetti e arie, 1624

ジョン・ブル
John Bull (1562-3 – 1628)
私自身、ブルのおやすみなさい、王の狩
My Self (MB. 138) Bull’s Goodnight (MB. 143) The King’s Hunt (MB. 125)

- Pausa -

16世紀作曲家不詳
Anon. (16 century)
ラ・ミ・レ
Upon la mi re

フローベルガー
J. J. Froberger
ファンタジア4番「ソラレ、ラシ・ファレ・、ミ」
Fantasia IV Sopra Sollare: lasia fare mi libro secondo 1649

トムキンス
Thomas Tomkins (1572- 1656)
心の乱れた時の悲しみのパヴァーヌ
A Sad Pavan for these distracted times (February 14, 1649)

16-17世紀作曲家不詳
Anon.(16- 7 Century)
スパニョレッタ
Spagnoletta

スウェーリンク
Jan Pieterszoon Sweelinck (1562- 1621)
変奏曲「私はライン河を渡って」
Variations “Ick voer al over Rhijn”
ヘクサコード・ファンタジア
Hexachord Fantasia

Clavicembalo: Takashi Watanabe
[PR]
by mejirog08 | 2008-04-24 15:49 | 音楽を愉しむ

ダン・ラウリンからのメッセージ(翻訳はこれから!)

Dear audience,

It is a great pleasure for me to be back in Tokyo. More than 10 years ago I had my first performances here, and ever since Japan has been my favourite place to work: the halls are fantastic, the logistics impeccable, the food is the best in the world, and the audience, well, the audience is so focused and so well educated that I can use finer and more refined colours in my playing than elsewhere. This is very inspiring, because the dialogue with the audience is important to me. For this I thank you.

--------------------

Tonight’s program is a mix of different styles and expressions. European culture in the past was a mixed affaire, with Italy remaining the source of inspiration and innovation, France representing style and fashion and Germany developing its own philosophy. And then the new voice from the East, with its particular mix of traditional and contemporary: Japan. The music we listen to tonight is a result of this extremely dynamic development in our history.

The “Principio di virtu” is taken from one of the oldest surviving manuscripts with solo instrumental music. The beautifully preserved parchment book used to belong to the Medici family which was famous for its craving for music, sculpture, literature, paintings, and… money. Occasionally, they would ask players to perform with fake angel wings strapped to their shoulders, and maybe this piece was performed like that?

Jacob van Eyck was a blind nobleman known as one of the best bell players of his time. He also used to improvise outside in a garden over the hits of the day on his little recorder. Someone eventually decided to write it down, and the result, “From The Recorder’s Pleasure Garden”, was to become the World’s largest collection of solo wind music. I have put together a little suite with tunes some of you surely have heard before, but maybe there are some surprises anyway…?

Johann Sebastian Bach’s cello suites are good for players of all instruments to practise that particular phrasing and control needed to survive his heavy, melodic lines. This is like yoga for the mind.

Ryohei Hirose has given us recorder players works of unsurpassed beauty and charm. We should consider ourselves extremely lucky that composer of such magnitude has taken the trouble to use such a tiny format as a lonely recorder for his artistry. “Hymn” is a ceremonial piece with strong conflicts between present and past, tradition and modernity put in a classical form with sonata-like features, including an upsetting development part with very strong expressions.

Marin Marais’ “Les folies d’Espagne”b0136682_15361039.jpg originally is for viola da gamba and basso continuo, but the composer himself suggests many more possible instrumentations on the title page of the printed edition. What you will listen to tonight is my arrangement of his arrangement, with new ordering of the variations, new harmonies and a reduced number of variations; not much remains of the original work, but this is intentional: it is a truly Baroque thought to re-create on the basis of someone else’s original.

Dan Laurin 2008


PROGRAM

14世紀作曲家不詳:イスタンピッタ《美徳のはじまり》
Anon (14th century): Principio di virtu

ヤーコブ・ファン・エイク
Jacob van Eyck (1589-1657):
プレリューディウム Preludium
ファンタジアとエコー Fantasia en echo
Geswinde bode van de min
イギリスのナイチンゲール Engels nachtegaeltje
詩篇9番 Psalm 9
人は夜なにをする Wat zalmen op den avond doen

J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第二番二短調より
J.S. Bach (1685-1750): From cello suite in D minor:
プレリュード Preludium
アルマンド Allemande

廣瀬量平:讃歌(ヒム)
Ryohei Hirose: (1930-) Hymn

マラン・マレ
Marin Marais (1656-1728)
スペインのラ・フォリア
Les folies d’Espagne (transcrbed by Dan Laurin)
[PR]
by mejirog08 | 2008-04-24 15:36 | 音楽を愉しむ



目白バ・ロック音楽祭2008スタッフによるここだけの話
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31